2017年度
ペガサス60 入替戦で引き分け1部残留!

ペガサス40 リーグ優勝おめでとう!
 念願の四十雀リーグ初優勝を成し遂げてくれました。
 
 2016年度
ペガサス60 入替戦に快勝し1部残留決定。
11月5日ペガサス祭が横浜元町YCACにて開催されました。
  当日の様子
ペガサス40 最終戦惜しくも敗れて1部リーグ3位!
ペガサス55 2部ブロック優勝、4チームの順位決定戦に出場し、最終戦を勝利して1部昇格決定! 
2015年度 
祝ペガサス40 リーグ戦で30年振りに準優勝

ペガサスサッカー祭
9月22日東海大Gにて約40名の参加で開催されました。
    当日の様子  
 2014年度
ペガサス50 神奈川50雀リーグ準優勝
  優勝は横須賀、勝点差1の接戦でした

      県議長杯惜しくも準優勝
  またしても横須賀に延長の末、敗れる
ペガサス60 神奈川60雀リーグ3位入賞 
 2013年度
ペガサス総会・納会が3月16日開催されました。
     当日の様子


  ペガサス総会・納会が下記により開催されます。
日時 3月16日17:00〜 会場 翻車魚丸

シニア40
四十雀1部リーグ 混戦の優勝争いで惜しくも第4位
祝ペガサス50 五十雀1部リーグ 第3位
2012年度

湘南ペガサスサッカー祭が開催されます
開催日 8月26日(土) 東海大G
当日予定
13:30〜17:00 紅白戦
18:00〜20:00 懇親会

2011年度

湘南ペガサスSC総会が3月31日開催されました
当日の様子

YCAC国際交流試合の報告
3月24日(土)のYCACYokohama Country & Athletic Club)
国際交流試合は、30名が参加して大盛況でした。

ペガサス総会が開催されます
開催日:3月31日(土) 会場:翻車魚丸
17:00〜 総会 17:30〜 納会  会費:6,000円

祝準優勝 ペガサスシニア50 県議長杯トーナメント
祝優勝 ペガサス60 六十雀リーグ
祝優勝 ペガサスシニア 四十雀リーグ3部

古河マスターズ20周年記念誌が発刊されました
古河マスターズ20周年記念誌

2011年度新規加入会員紹介(更新しました)
各チーム紹介一覧

2010年度

シニア50が第4回関東シニア選手権に神奈川代表で出場します。応援に行きましょう!
会場:保土ヶ谷公園グラウンド
★2月11日(金)
リーグ戦第1戦  10:25 対千葉(ラグビー場・人工芝)
リーグ戦第2戦  15:55 対埼玉(ラグビー場・人工芝)
★2月12日(土)
リーグ戦第3戦 12:15 対栃木(ラグビー場・人工芝)
3位決定戦    14:30 A組2位:B組2位(サッカー場・天然芝)
優勝決定戦    15:30 A組1位:B組1位(サッカー場・天然芝)

ペガサスシニア50 50雀リーグ一部準優勝(2年連続)

ペガサス60 ねんりんピック 2勝1分で見事優勝

ペガサスサッカー祭の日程が決まりました
1.日時 8月22日(日)12:00集合
2.場所 東海大学平塚校舎 人口芝グランド 参加費 500円/一人
3.スケジュ−ル
 12:00−12:50 しっかりアップして怪我の無い様にしましょう。
 12:50−13:00 集合 ・総務よりスケジュール説明(観客席内)
 13:00−13:05 会長挨拶(グランド チームごとに整列)
 13:10−17:00 試合
 17:40−19:40 懇親会
2009年度

祝 ねんりんピック ペガサス60 出場決定

祝 60雀リーグ準優勝 ペガサスシニア

祝 50雀リーグ一部準優勝 ペガサスシニアA
2004年以来5年振りの準優勝です。

ペガサスサッカー祭の開催
日時:8月23日(日)12:00集合、13:00試合開始
場所:東海大人工芝グランド
概要:各チーム対抗戦、紅白戦など15分ゲームが全部で9試合行われる予定です。試合後、懇親会が開かれます。
参加費:ゲームのみ 500円、ゲームと懇親会 3000円。ペガサスクラブの諸先輩、若手と懇親を深める良い機会です。多くの皆さんの参加をお願いします。

ペガサスSC総会が開催されます。
・日時:2009年3月28日(日) 17:00〜
・場所:藤沢 翻車魚丸(0466-28-0343)
2008年度
ペガサスサッカー祭の日程が決まりました
・日時:2008年8月24日(日) 10:30〜
・場所:東海大学湘南校舎人工芝グランド(小田急線東海大学前下車)
・第1部:試合/11:10〜15:45(進行係:総務)
・第2部:懇親会/16:30〜19:00
ペガサス役員会が開催されましした。
日時 6月24日  議事録参照 
古河マスターズ参加報告(シニアA・B)

5月24,25日の古河大会の報告です。
初日の参加者は13人、2日目は12人でした。 結果は1勝2分けで、ここ3年間で最も良い成績でした。参加した、阿波さん、角田さん、菅浦さん、関さん、浅倉さん、河西さん、黄瀬さん、田部井さん、坪井さん、西田さん、橋之口さん、宮崎さん、横山さん、お疲れ様でした。
1日目、対蹴友シニア戦0 ー0
試合を支配していたが、2回の決定機をはずし結果スコアレスドロー。
対新座GFC戦2-1
よくプレスがかかり、試合を優位に進め、後半のカウンター攻撃が2回決まり2-0、相手にその後ロングシュートを決められるが、2 ー1で勝利。
2日目の対川越シニアSC戦0 ー0
前日夜からの雨でグランドは田んぼ状態。 守備陣が良くがんばり、何とかドローに持ち込みました。

古河大会の要点は、試合もさることながら、1日目の宴会、2次会そして翌日の増田屋の鰻重にあります。A、Bメンバーの貴重な交流会でもありますので、来年はもっと多くのメンバーの積極的な参加を望みます。
2007年度
2007年度総会及び納会が行われました。
3月15日(土)
当日のスナップ総会議事録
2007年度新規加入者紹介
シニアA 上田さん、板倉さん、シニアB 佐藤さん、
シニア60 脇川さん
ペガサスサッカー祭の日程が決まりました
8月26日(日)
集合 12:00
紅白戦 12:30〜
懇親会 
2006年度
3月31日に総会及び納会が開催されました
 総会の内容及び2006年度のクラブ会計報告は以下をご参照下さい。
 総会議事録会計報告監査報告
2月7日総会に先立ち幹事会が開催されました。
     幹事会議事録
8月27日第3回ペガサスサッカー祭が開催されました。
当日の様子
2005年度
3月11日(土) 総会及び17年度納会が開催されました。
総会資料
湘南ペガサスサッカー祭開催について
日時      8月28日(日)
場所      東海大学 平塚校舎 人工芝 グランド
集合時間   12:00
スケジュ−ル  12:40〜13:10
       
「専門講師による、私たちの年代として必要なストレッチ指導」
        13:30〜17:00 試合
        17:30〜19:00 懇親会(ロッグハウスにて)
                  会費 2,500円
【7月9日】
クラブ役員会が藤沢にて開催されました。

 クラブ役員会議事録

2004年度
【3月31日】
 クラブ役員会が藤沢「北海道」にて開催されました。

 クラブ役員会議事録

 2004年度クラブ会計報告

【1月16日】

02年W杯の決勝の舞台となった横浜国際総合競技場で1月16日(日)に試合を行いました。横浜市スポーツ振興財団の20周年記念事業で1500人の応募に当選した幸運な方から、50回の川口正人さんを通じて競技場を借りるというまたとないチャンス。当日は、前日から降り続く雨の中でしたが、ペガサスメンバーと湘南高校OBの40才以上の皆さん87名が試合に出場、「ペガサス祭」と題して2時間の使用時間をフルに楽しみました。普段はペガサスに参加していない湘南OBが10名以上来場し、見学の超OB、奥様方、子供達もいれれば100名を越すイベントです。

参加100名近くが予定されたために、12人制の試合を導入し、一人最低でも20分のハーフができるように工夫。通常やっているグランドより一回り大きいため、人数を増やしてちょうど良い感じもします。

大雨にもかかわらず全く障害を感じない芝生にまず驚きました。ボールをいちいち見なくてもトラップして蹴ることができる環境で、グラウンダーのパスが楽に回すことができます。観客のいないスタンドでは、意外に声の反響が大きいのにびっくりしました。試合は短い時間とはいえ、芝生の良さを実感。また、室内に用意されたアップルーム、見学者にために開放してくれた屋根付きのロイヤルボックスなど、普段では体験できない施設を使用させてもらえました。

競技場側からは事前に芝生の使用について丁寧な説明があり、こちらからは100名の参加案を提出して綿密な打ち合わせを実施。短い競技時間でしたが整然と運営ができ、競技場担当者は、「年齢を考えたらサッカーの質が高いことに驚いた」という率直な感想を頂きました。

翌週末の毎日新聞には、ペガサスジュニアの幹事で毎日新聞社に勤務の石郷岡さんが社内で語った武勇談をもとに毎日新聞に記事が掲載されました。税金を投入し続けている競技場の存在意義を問いながらも、競技場を励ます内容でした。

このような大きな競技場を借りる機会はそうそうないでしょうが、今後も世代を超えて集まることのできるイベントを企画していきたいと思います。(48回 関)

ジュニア

シニアA

シニアB

シニア60

【12月18日】
ペガサス総会及び忘年会が藤沢「まんぼう丸」にて開催されました。

2004年 湘南ペガサスSC  総会議事録       2004.12.18

・2004年クラブ運営に関し11/27日に実施した役員会での下記討議事項について報告をした。

会計状況 ・・・・ クラブ並びに各チ−ムとも年度末に向け順調に推移している。

ペガサスサッカ−祭 ・・・・井上さんのご尽力の下、是非とも継続実施したい。

会計年度と活動年度を供に4/1〜3/末とするとの確認

2004年各チ−ムMVP賞の設定並びに選定承認・・・・・・・下記1)の通り

2005年度(4/1日〜)クラブ役員体制の一部変更と新役員の選定・・・・・・・下記2)の通り

会則・規約の一部改訂・・・・・・・・下記3)の通り

1)各チ−ムの「2004年MVP選手」

  各チ−ムの代表と監督の総意にて選定 納会にて表彰
   ジュニア ・・・・・・・・ 五代 厚司
   シニアA ・・・・・・・・ 小泉 理一
   シニアB ・・・・・・・・ 田部井 徹
   ペガサス60・・・・・・・・ 牛尾 慶邦

2)2005年クラブ役員(4/1日〜)の選定について( )内は継続   承認

  会長 ・・・・・・・ (牧村 英樹)
  副会長 ・・・・・・・    (新) 藁品 行夫
  総務 ・・・・・・・    (新) 田部井 徹
  会計 ・・・・・・・    (新) 小杉 溥孝
  広報 ・・・・・・・ (浅倉 泰)
  各チ−ム代表 ・・・・・・・    (中原弘己・坂部治朗・石郷岡善則)新  阿部裕
  顧問(会計監査) ・・・・・・・ (柳川 明信 ・ 松本 好且)         

3)クラブ会則・チ−ム規約の一部改訂・追加案       承認

1. 期の途中入会者の会費について
  会計年度(4/1〜3/1日)に合わせて 承認
残余期間 10ヶ月以上・・・・・・・・      "10、000円"
9ヶ月 ・・・・・・・・ "9,000円"
8ヶ月 ・・・・・・・・ "8,000円"
  |
3ヶ月以下 ・・・・・・・・ "3,000円"

2. クラブ役員の構成について(2005.04.01より)

   <現行>     <新体制>   
 会長 1名       会長  1名
 副会長(会計)1名   副会長 1名
             総務 1名
             会計 1名
 広報 1名       広報 1名
各チ−ム代表4名    各チ−ム代表4名
顧問(会計監査)2名  顧問(会計監査) 2名

3. 会員の種類
現行B会員制度を廃止する。 現在のB会員は、いずれかのチ−ムに所属するか脱会するかを選択する。但し、脱会したとしても、最終所属チ−ムのOBとして名簿に残し、本人の意思でいつでも再入会を可能とする。B会員廃止に伴い、「ペガサス通信」も廃止する。
a. チ−ム毎の通信手段にて代表を通じて各チ−ム員に徹底する
b. ホームページを通じての広報を共有する
c.「グルスケ」利用者拡大により通信手段をより効率化する

4. 試合中の非紳士的言動の禁止
度を越える場合には被害者より監督に申し出、チ−ム内役員にて討議の結果、本人に注意をする。再三の注意にも関わらず改善が見られない場合には、クラブに報告の上、クラブ役員会に図り会員としての是非を問う。会員として非適任と判断された場合には、会長より脱会を勧告する。  承認

その他

当日の様子

2003年度
【12月20日】
湘南ペガサスシニアサッカークラブ 平成15年度総会審議概要

1.開催日時等 平成15年12月20日〈土〉16:30
        藤沢市鵠沼石上 「まんぼう丸」

2.出席者   37名
        役員:浅倉 小杉 篠田 田部井 牧村 柳川
           石郷岡〈ジュニア〉 五代(ジュニア)

3.議事

 議案1 平成16年度 シニアチームの分割

  郡市連盟は 平成16年度から複数のリーグへの選手登録不可(経過措置として2年間5名まで容認〉とし 併せて50雀参加チーム増に伴い2部制をとることになった。これにより従来のように40雀3部及び50雀の両リーグへの参加が出来なくなり シニア会員のプレー機会を確保する為2チームに分割することが提案され了承された。
チーム名を「シニアA」(原則として54才までの会員とし 全国大会出場を視野に入れたコンセプト 従前チームの継承とし50雀リーグ1部に登録)及び「シニアB」(原則として55歳以上の会員とし エンジョイを主眼とするコンセプト 新設チームと位置付け50雀リーグ2部に登録)とすることと 監督等役員(議案2参照〉も決定した 
 なおチーム別会員名 「60」との重複登録会員名は本人希望を今後聴取して決定する 人数は各20名弱を確保の見込

 議案2 クラブ組織の変更

  クラブが4チームからなる構成となり 日常的活動の迅速な情報伝達と機動的意志決定を期し クラブ組織を以下のように変更することが了承された
・「クラブ本部」を設け クラブ全体に係る案件を審議・決定する
・クラブ本部に副代表を置き 代表を補佐する
・クラブ本部は代表・副代表と各チームから1名の代表者(原則として総務担当者)で構成する
・各チームに チーム事情に応じて総務・会計・渉外・連絡・監督などを置き チーム毎の日常活動に対処できる体制とする
・ホームページを更に整備し チームスケジュール周知・ゲーム参加予定の申告などの利用を拡大・充実する 
・クラブ会費〈現在年額1万円〉の収納・支出を各チーム別とし クラブ全体または複数チームでの事業についてはクラブ本部の審議・決定を経て関係チームが本部に必要な資金を拠出する構造とする 
・人事
  代表:井上 孝 副代表:牧村英樹
  「ジュニア」:五代厚司(代表 マネージャー 渉外)
         水上雅樹(総務〉 石郷岡善則(会計〉
         元松経男(監督〉       
   シニアA:坂部治郎(総務) 角田俊治(会計)
        浅倉 泰(渉外) 北原 章(監督)
   シニアB:藁品行夫(総務) 小杉溥孝(会計)
        田部井徹(渉外) 阿部 裕(監督)
   「60」:中原弘巳(総務・渉外・監督) 
        篠田 亮(会計・連絡〉
・郡市リーグ登録・会費徴収が目前に迫っており 早急にクラブ本部会議を開催し 細部を決定する    
・本議案は 「ジュニア」チームからの役員 五代・石郷岡氏の出席を得て審議され 基本的に賛同された

その他
1)「60」会員の1部から 70才台または60才台後半で構成したチーム活動の要望が出されており 逐次機会ある毎にこれを考慮した活動することとし 該当会員の人数などの事情が整備されたときにチーム編成などを考えることで了解された
2)細部検討のため クラブ本部打合せを平成16年1月11日(日〉に開催することを 本総会後申し合わせた
                           以上