ペガサス60 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2012年度以前

【6月25日】

神奈川シニアリーグ第6戦 ペガサス60 0:0 神奈川 堀山下G

那須でのGリーグと重なり、人員不足が懸念された試合であったが、15名の参加を得ることが出来た。

立ち上がりペガサスに落ち着きがなくパスが通らない。ゆっくり空きスペースの味方にパスを出せばいいのだが、焦ってのミスパスが相手に渡る場面が続くうちに徐々に神奈川ペースになってしまった。
調子に乗ってきた相手が左右のスペースを使って攻め込むシーンが多発するが、DF陣の集中力が高く度々のピンチも何とか凌ぎ前半を終える。

後半、更に調子づいた相手の攻勢が強まり、ペガサスの中盤も下がる一方になる。たまに攻撃する場面も下がりきったラインを押し上げるまでには至らず、決定機を作れない。終盤は7、8回連続してCKから攻められピンチが続くが、全員守備で何とか凌いでタイムアップ。

相手のシュートは10本近くあったが、枠を外したり、GK正面のものが多く助かった。もちろん相手のミスではあるが、関・吉田のCBを中心として全員の守備への集中が非常に高く、マークする相手に極力身体を寄せてフリーでシュートを打たせなかった結果と見ていいのでは・・・何もしなければ3点はやられていた。

とりあえずドローですがまだまだ厳しい順位争いです。
最後まで諦めずに一つでも上を目指しましょう!

[参加者] 伊通・北原・柳田・坂部・横山・河野・上田・柳下・関・阿波・小泉・吉田・菅浦・大西・六角
   (横山)

 

【6月17日】

神奈川シニアリーグ第5戦 ペガサス60 1:1 dfb60 中島公園G

今季初勝利を目指したが、初勝ち点獲得。

前半、バックが前がかりになった所にスルーパスを出され、相手俊足FWがフリーで抜け出しゴールを奪われる。
右サイドでボールを繋ぎ上田がペナルティエリア外側からシュートを打ち、これがゴール前を横切り、ゴール左に走りこんだ加納がスライディングで押し込み、同点として前半終了。

後半はなかなかゴール前までボールを運べず、シュートまでいかない。相手フリーキックで危ない場面も有ったが、何とか最後まで守り切って、引き分けとした。

[参加者] 坪井・加納・柳田・浅倉・河野・上田・森・角田・佐藤・柳下・阿波・小泉・吉田・菅浦・大西・六角・坂部(応援)                        (浅倉)
 

【6月10日】

神奈川シニアリーグ第4戦 ペガサス60 0:1 茅ヶ崎ウエスト 酒匂川芝G

ペガサス同様に不調の相手に今季初白星を献上してしまい開幕4連敗。

立ち上がり5分まではペガサスペースで攻め込むものの最後の詰めまでいかず得点には至らない。逆に5分過ぎから相手の動きがよくなり徐々に押しこまれる展開になる。
10分過ぎ自陣左サイドでFKを取られゴール前に放り込まれる。クリアしたボールを更にゴール前に運ばれシュートを打たれる。至近距離にもかかわらずGK佐藤がブロックするもこぼれたボールを押し込まれてしまった。
DF陣が一瞬止まったところに相手が3人ほど詰めてきていた結果で、相手のゴール奪取への気持ちが勝っていたように思われた。

その後、後半にかけても一進一退の攻防が続くもののペガサスは殆どシュートチャンスを作れずタイムアップとなる。

 いつものことですが相手の方がよく走り、いいポジション取っていたと思います。次戦こそ白星取りましょう!
開始早々故障離脱した座間さん、河西さん大丈夫かな?

[参加者] 坪井・田部井・加納・小杉・坂部・横山・河野・上田・佐藤・黄瀬・河西・西田・柳下・関・阿波・小泉・菅浦・大西・座間   (横山)
 

【5月27日】

神奈川シニアリーグ第3戦 ペガサス60 0:1 横浜シニア 馬入人工芝G

 今季好調の相手にいい動きをしていたが、ゴール目で一瞬の隙を突かれ惜敗。

[参加者] 黒沢・柳田・小杉・坂部・横山・河野・上田・佐藤・黄瀬・河西・角田・森・西田・柳下・関・阿波・小泉・加賀山・菅浦・大西・座間・六角        (横山)
 

【4月29日】

神奈川シニアリーグ第2戦 ペガサス60 1:5 横須賀シニア 二宮あいおい損保G

昨年も第2戦の相手、0:3で敗れているので雪辱を目指したが・・・またしても。

立ち上がりはゴール前まで攻め込んだが徐々に押しこまれる展開。上手く繋ぐサッカーを相手にやられてしまい、昨年同様開始4分に早々と失点。ゴール前でボールを回され、DF陣の一瞬動きが止まったところを突かれ失点(オウンゴール)。
さらにその2分後、同じようにゴール前の混戦から失点してしまう。連続失点に意気消沈したわけではないだろうが、この辺りからDF陣の押上げとFW陣の前線からのディフェンスが弱まり中盤が間延びして薄くなっていく。
GK佐藤の好セーブに救われる場面も多々あったが、ますます楽な球回しが出来るようになった相手は調子付いてしまい、12分にゴール前の密集から3失点目、18分にはフリーでミドルを打たれ4失点目。

後半、相手はリードしている余裕から上手くボールを廻して、こちらが攻め込んでいる場面でもチェックが早く、なかなかシュートまで持込めない。
そんな時間が過ぎていた8分にまたしても失点してしまう。ペナルティエリア際からの相手FK。上手く風に乗せたボールがゴールのファーサイド上に決まってしまう。壁がズレていたのかもしれない。
このままでは終われなくなったペガサスは気合を入れなおして攻撃に移る。
その気持ちが通じたのか13分、相手ゴール前に放り込んだボールにFW陣が飛び込み、混戦の中相手のオウンゴールを誘い得点を奪う。
さらに追加点を狙うが時間はあまりにも少なくタイムアップ。

 相手の方がよく走り、いいポジション取っていたと思います。それとパスの正確さも一枚上だったように感じましたが・・・去年と同じ感想かも。

[参加者] 坪井・田部井・北原・坂部・横山・浅倉・上田・佐藤・黄瀬・河西・角田・西田・柳下・関・阿波・小泉・吉田・加賀山・菅浦・大西・中島                 (横山)
  

【4月15日】

神奈川シニアリーグ第1戦 ペガサス60 1:3 赤羽根 二宮あいおい損保G