ペガサス50 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度以前

【4月13日】
シニアリーグ五十雀2部 第2戦 ペガサス50 0-4  横浜シニア 会場:酒匂川(芝)

メンバー:藤塚、新川、藤原、福井、成田、松本、安達、宮崎、山本純、田中晃、伊東、吉岡重、椿の13人

 風は冷たいものの、快晴の酒匂川河川敷。相手の横浜シニアは2部でもトップクラスの力を持つ好チーム。球際で厳しく戦うこと、オフザボールの動きを意識してボールをつなぐことを確認して試合に入った。

 前半は良い入り。リズムをつかみ、パスもよくつながり、惜しいシュートも何本か打つことができた。しかし得点を奪うには至らない。前半15分を過ぎたあたりで左サイドを突破した相手FWが角度のないところからシュート。GKがうまくブロックしたかに見えたが、リフレクションが不運にもゴールインして失点。さらに前半終盤に、左サイドからのクロスを中央でドンピシャのヘッドで合わされ2失点目。

 後半は5人を代えてきた相手に運動量で圧倒され、完全にゲームを支配される。リズムをつかめないまま、フリーキックのボールを頭で繋がれ、走り込んだFWに流し込まれて失点。さらに、終盤にもDFとGKの連携のミスからボールをさらわれ4失点目。反撃もほとんどできず、そのままタイムアップとなった。

 技術、体力、戦術の徹底など、すべての点で相手が1枚上。しかし、失点はその多くがミスがらみ。チーム内で声を出し、コミュニケーションを密にすることで防げた失点もあった。次戦まで1か月近く間が空くので、それぞれがいま一度自分のプレーを整理し、ケガ人はケガを治し、フィジカルも整えて、次戦以降いい戦いが出来るよう準備しましょう。



【4月6日】
シニアリーグ五十雀2部 第1戦 ペガサス50 0-2 足柄上50  会場:酒匂川クレー

メンバー:田中聡、藤塚、新川、山本吉、藤原、福井、中村道、成田、松本、安達、宮崎、岩本、田中晃、吉岡重、椿の15人

 山本吉一郎、中村道男、岩本潔の新メンバー3名を迎えての初戦、相手は足柄上50。昨年はボール支配率では下回ったものの、1点を守り切る形で勝利した相手。

 今日も、平均年齢では大きく上回るペガサスであったが、前半は6分4分くらいで優位に試合を進めた。開始早々に椿がGKとの1対1から惜しいシュートを放ったものを含め、田中晃、宮崎を中心にチャンスをいくつも作りだしたが、無得点。
 後半はペガサスの運動量が落ち、ボールを支配される展開が続きながらも身体を張った守備で守っていたが、後半15分を過ぎたあたりでペガサスの右サイドを突破され、中央へのパス。逆サイドからフリーで走り込んでいた相手選手に綺麗に決められ1失点。
その後、反撃を試みるが、前掛かりになったところで逆襲されて押し込まれて混戦に。立て続けにシュートを打たれる展開となり、2本のシュートはGK吉岡やDFが身体を張って跳ね返したものの、3本目にゴール左隅に決められて0-2。その後の反撃も及ばずタイムアップとなった。

相手との力量差はさほどないと思われたが、ペガサス優位の時間帯に得点できず、相手優位の時間帯に我慢しきれなかったという試合運びの拙さがこの結果につながってしまった。五十雀2部はチーム間の実力差があまりなく、今後も拮抗した試合が続く。全員で力を合わせ、一つひとつのプレーを丁寧に、前向きに戦っていきたい。